履 歴 書



鈴木晃志郎 SUZUKI Koshiro, Ph.D.
皆さんこんにちは。私は,富山大学の人文学部 社会文化講座で観光学・地理学を教えています。バックグランドである行動地理学,社会地理学から,観光にまつわる諸問題に広く取り組んでいます。認知・態度・価値観・規範などの心理的,社会的あるいは文化的要素を通じて,いわばミクロな視点から観光行動を捉えること。これが私のアプローチのしかたです。

人と観光とのかかわりは,確かに観光政策・地域計画などの巨視的なレベルからでも考えることができます。むしろ日本の観光学で中心を占めているのは,こうした観光学でしょう。しかし,彼らが政策や計画を立案するもとになった,様々な統計データ。そこで示されている様々な観光現象も,もとを辿れば,紛れもなく観光客一人ひとりの思惑・意志・行動の結果が集積してできたものです。

ツーリズムを,現象の構成者である個人の目線にまで降りたって,こまやかに理解しようとするとき,私が専門領域にしている行動科学や認知科学のアプローチは,その有効性を最大限に発揮します。ミクロの視座から,ツーリズムの巨大な森を捉えてみましょう。熱意溢れる皆さんと,膝を交えて議論できるのを楽しみにしています。
学 歴
立命館大学 文学部地理学科 卒業 学士
アクロン大学 大学院 文学研究科 地理・都市計画学科 留学 -
立命館大学 大学院 文学研究科 地理学専攻 博士前期課程 修了 修士(文学)
東京都立大学 大学院 理学研究科 地理科学専攻 修了 博士(理学)
職 歴
立命館大学 文学部 地理学科 ティーチングアシスタント
東京都立大学 理学部 地理科学専攻 ティーチングアシスタント
大妻女子大学 社会情報学部 企業環境論 非常勤講師
カリフォルニア大学 サンタバーバラ校 客員研究員
首都大学東京 都市環境学部 地理環境コース リサーチアシスタント
首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科 観光科学域 助教
【現職】 富山大学 人文学部 人文学科 准教授
教 育 歴
大妻女子大学 社会情報学部 非常勤講師
担当科目: 企業環境論
首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科 観光科学域 助教
担当科目: 自然ツーリズムの見方,考え方・大学院・自然ツーリズム学概論I・ECO-TOPインターンシップ・自然ツーリズム学セミナーI,II・自然・文化ツーリズム学特別セミナーI,II,自然・文化ツーリズム学野外実習I,II,自然ツーリズム学実験,地域環境学野外実習,地域環境学実習I
富山大学 人文学部 人文学科 准教授
担当科目: 学部:人文地理学実習1,人文地理学実習3,社会文化入門(分担),人文地理学演習,人文地理学特殊講義,人文地理学講読,卒論指導,基礎ゼミナール,地域の経済、社会と文化
大学院:人文地理学特論(1,2),人文地理学特論演習(1,2)
学 会 活 動
人文地理学会 会員
1996年〜現在
日本地理学会,空間認知研究会 会員
2000年〜現在
日本国際地図学会地理科学学会 会員
2001年〜現在
地理情報システム学会 会員
2002年〜現在
日本観光学会 会員
2016年〜現在
日本観光研究学会 会員  
分科会長(2011年〜2012年)
2009年〜2016年
進化経済学会学会
〃 観光部会 広報委員 (2010〜2011年)
〃 観光部会 学術委員 (2012〜2013年)
2010年〜2015年
地理空間学会 会員
2010年〜現在
立命館地理学会 会員
2010年〜現在
富山地学会 幹事
2011年〜現在
第56回 歴史地理学会 大会実行委員会 委員
2012年〜2013年
日本地理学会 秋季学術大会 大会実行委員会 委員
2014年〜2015年
資 格
専門社会調査士(第000256号)
普通自動車運転免許
柔道初段(講道館)
社 会 活 動
目黒区: めぐろシティカレッジ 講師  
2007年〜2008年
東京都: 自然の保護と適正利用を担う人材育成制度検討委員会メンバー  
2006年〜2007年
東京都: ECO-TOPプログラム認定審査会検討部会メンバー  
2007年〜2008年
広島県: 鞆地区港湾整備事業に伴う住民協議会 アドバイザー
2010年〜2012年
姫路市: 姫路城と調和した中心市街地景観形成検討委員会 臨時委員
2011年〜2012年
富山市: 富山市環境未来都市推進協議会 委員
2012年〜2017年
独立行政法人大学入試センター: 教科科目第一委員会 委員
2014年〜2016年
地理空間情報の活用推進に関する北陸地方産学官連絡会議 委員
2013年〜現在
富山市: 富山市民大学 講師
2014年〜現在
富山県: 安全なまちづくり・とやま賞表彰選考委員会 委員
2016年〜現在
富山県: 防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業推進委員会 委員長
2016年〜現在
外部資金獲得実績
科学研究費補助金: 若手研究(B: 課題No. 20700673). 「開発=保全」問題に直面したコミュニティにおける住民意志決定のメカニズム(研究代表者:3,510,000円).
2008年〜2009年
東京都産業労働局 「ロケ撮影が地域へもたらす影響等に関する調査」(受託研究: 4,050,000円). 2009年〜2010年
ほくぎん若手研究者助成金 「原発の温排水をめぐる地域の社会関係の解明」(研究代表者:500,000円). 2011年〜2012年
科学研究費補助金: 基盤研究A 「人と社会の側からみた地図・地理空間情報の新技術とその評価」(研究分担者:1,880,000円). 2017年〜2020年

 



 





 

|||||||||||||||||
© K's Web - Since 2010
inserted by FC2 system